糖化

糖化

最近、よく見かけるようになった「糖化」
糖化はお肌の老化と密接な関係があることが分かってきました。

 

糖化とは、タンパク質と糖が結合して変性してしまう反応のこと。
タンパク質が糖化してしまうと、硬くなり弾力を失い、色も変色します。パンやホットケーキを焼くと硬くなって色も黒褐色になります。これが糖化です。

 

お肌の弾力の元となるコラーゲンもタンパク質の一種。コラーゲンが糖と結びつくと、お肌はゴワついて黄ばんだ印象になります。お肌が硬くなると柔軟性がなくなり、お肌を支えることができなくなり、シワやほうれい線ができやすくなります。

 

糖尿病が進行した患者さんはお肌の弾力がなくなり、肌も黄色がかってくることが知られています。
これは、タンパク質と糖が結びつき「AGEs」と呼ばれる物質が増加することから起きるものです。
老化物質であるAGEsがコラーゲンを硬くすることでハリ・弾力が失われて毛穴が目立ってほうれい線や頬のたるみなどにつながります。若い頃よりもお肌が黄ばんできたな、と思うのはAGEsそのものが茶褐色であるためです。

 

活性酸素と結びつくことで肌老化が進む「酸化」と同様に、細胞の老化や変性を促してしまいます。

 

甘いものを食べ過ぎると糖化が進み、肌老化も進行することが研究によって明らかになっていますが、私たちの身体に糖は不可欠な栄養素です。

 

甘いものを大量に食べたり、清涼飲料水を過剰に飲むと、お肌の老化を進行させているかもしれません。
糖は甘いものだけでなく、パン・ご飯・麺類などの主食にも多く含まれています。炭水化物はダイエットの敵になるだけでなく、たるみやシワ・シミ・くすみなど肌老化を促進してしまいます。糖をすべて抜いてしまうダイエット方法は身体への負担が大きくおすすめできませんが、食物繊維の多い玄米や麦ご飯をとりいれたり、野菜もきちんと食べて、バランスの良い食事が糖化予防につながります。

 

関連ページ

シワ
ほうれい線はシワのひとつだと思っていませんか?実は、ほうれい線はシワではなく「たるみ」からできたもの。お肌を支えるチカラがなくなって、頬の脂肪が支えきれなくなって頬の下にほうれい線ができてしまいます。
毛穴のたるみ
肌の弾力が低下することで目立ってくる毛穴のたるみは、ほうれい線の原因となることも。毛穴がたるんで細長く「しずく」のような形になる「涙型毛穴」、たるんだ毛穴がつながってしまうと「帯状毛穴」となり小ジワのように見えてきてしまいます。ほうれい線の元となる毛穴のたるみをケアする方法とは