コラーゲン

コラーゲン

真皮で網を張ってベッドのスプリングのように肌の弾力を支えるコラーゲン。
しかし、加齢や紫外線の影響でコラーゲンは減少してしまったり、質が悪くなってしまってお肌を支えるチカラが低下してしまいます。
お肌のハリを保ち、ほうれい線に負けない素肌のためには、コラーゲンを増やしてお肌の弾力を保持することが大切です。

 

食べるコラーゲンはお肌のコラーゲンになる?

ほうれい線の予防解消にコラーゲンを増やすのはとても大切です。
ではどのように増やしていけば良いのでしょうか。

 

コラーゲン鍋やコラーゲンスープ、コラーゲンドリンク、コラーゲンサプリなどコラーゲンが多く含まれる「食べるコラーゲン」でお肌は本当にプルプルになるのでしょうか。

 

食べるコラーゲンを食べてもそのままお肌のコラーゲンになるわけではありません。

 

 

コラーゲンなどのタンパク質は胃や腸で消化されます。
体内で消化・吸収されやすいのは、低分子のコラーゲンです。

 

食べたコラーゲンがお肌の状態を良くするかどうかは専門家の中でも意見が分かれていたのですが、近年の研究で食べるコラーゲンも条件次第でお肌のコラーゲンを増やす機能があることが分かってきました。

 

コラーゲンが吸収されて血流にのってお肌のコラーゲンになるわけではなく、コラーゲンが消化されてアミノ酸になり、肌細胞を活性化させると考えられています。

 

食べ物に含まれるコラーゲンやサプリ、ドリンクなどでも高分子のコラーゲンは
体内で吸収されるまでに時間がかかるので、持続性はありますが、コラーゲンとして吸収されるかどうかはまだ疑問のままです。

 

コラーゲンやほうれい線予防だけでなく、髪や爪を丈夫にしたり、関節の動きをスムーズにしたり、骨密度を高める働きがあります。

 

コラーゲン単独よりも、ビタミンCやエラスチンと同時に摂ることで効果はアップします。

 

 

コラーゲン化粧品はお肌のコラーゲンを増やす?

保湿化粧品のほとんどと言っていいほどコラーゲンが配合されています。
「保湿=コラーゲン」というイメージがありますよね。
コラーゲンをお肌に塗ることで本当に肌内部のコラーゲンは増えるのでしょうか。

 

残念ながら、コラーゲンが肌内部のコラーゲンになるわけではありません。

 

コラーゲンはそのままでは分子が大きく、真皮まで到達することはできません。

 

では、コラーゲン化粧品はまったくムダなのでしょうか。

 

いいえ、そんなことはありません。

 

化粧品に配合されているコラーゲンは角層内で水分を保ち、肌表面の水分を保持することによって、外的刺激からお肌を守ってくれます。

 

肌内部のコラーゲンを増やすためにはコラーゲンそのものよりも「コラーゲンを増やす成分」が入った化粧品を選びます。

 

コラーゲンを増やす成分には、ビタミンC誘導体やレチノール、ナイアシンなどが効果的です。これらの成分は、コラーゲンを生み出す細胞「繊維芽細胞」の働きを促進することで新しいコラーゲンが作られる働きを活性化します。

 

 

 

関連ページ

保湿
スキンケアの基本である「保湿」はほうれい線対策にも重要です。しかし、水分を与えるだけでほうれい線が解消するわけではありません。与えるのは「水分」ではなく「水分を蓄えるための成分」でなくてはいけません。ほうれい線ケアのための保湿とは。
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は肌内部で水分を蓄えてお肌の弾力をうみだし、乾燥や肌荒れからお肌を守る大切な成分です。年齢とともにヒアルロン酸が減少することでお肌は弾力を失い、頬を支えることが出来なくなることでほうれい線が目立ってきます。ほうれい線対策のためのヒアルロン酸補給とは。
繊維芽細胞
お肌の弾力の元となるコラーゲン。そのコラーゲンを作り出しているのが繊維芽細胞です。ほうれい線を消すためには、水分を与えたりコラーゲンを補うより繊維芽細胞の働きを促す方が効率的です。コラーゲンを生み出す繊維芽細胞を増やす方法とは。