セラミド

セラミドとは

角質層の細胞のすき間で水分を抱え込んで外へ出さないようにするセラミド。
お肌のうるおいのベースとなって外的刺激からお肌を守っています。

 

正常なお肌では角質層が規則的に並んでセラミドは外に出ていきませんが、乾燥によって角質層が乱れると、セラミドが外へ流れ出てしまい、肌本来のバリア機能が低下し、お肌の保湿力も低下してしまいます。

 

バリア機能が低下すると、外からの刺激に過敏になりますますお肌が傷つく悪循環。
油分でお肌をカバーしても、肌本来の水分を蓄えるチカラは低下したままなので、お肌の乾燥は改善しません。

 

セラミドは年齢を重ねることで新しく作り出される量が減ってしまい、水分が蒸発しやすく角層も乱れやすくなります。

 

乾燥によるシワやたるみ、ほうれい線などには、「油分でフタ」をするよりも、最強の保湿成分といえるセラミドそのものを補給して、肌本来の水分保持力を改善することが、若々しい素肌をキープするコツです。

 

セラミド配合化粧品の選び方

角質層でお肌のうるおいを守るセラミドが減少すると、お肌は乾燥してしまいシワやたるみがでやすくなります。
乾燥していると、外的刺激を直接受けてしまうので、シミにもなりやすく、肌荒れや大人ニキビも。

 

お肌の乾燥は肌トラブルの大きな原因となりますが、水分を与えるだけでは改善しません。

 

化粧水で水分を与えて、乳液やクリームでフタをする、というのは古い話。
水分を与えるよりも、「水分を蓄える成分」を与えることでお肌はうるおって、シワになりにくい素肌となります。

 

お肌に水分を与えるのではなく、お肌に保湿成分を与えることで、肌の内側から出てくる水分をお肌でキープすることができます。

 

セラミドなどの「水分を蓄える成分」を補うことで、お肌は本当に「保湿」されるのです。

 

 

セラミドは水溶性ではないので、化粧水には配合されていません。
美容液やクリームなどでセラミド配合の化粧品を使います。

 

セラミドには種類によって「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6」など番号がふられています。

 

化粧品に配合されているセラミドは「天然セラミド」「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」などがあげられます。

 

「天然だから効果が高い」「合成は効果ナシ」などということはなく、貴重な天然セラミドを少量つかうよりも、安価でぜいたくに配合された合成セラミドの方が効果を実感できる、ということもあります。

 

セラミドは種類によって働きが異なります。ご自分のお肌の状態に合ったセラミドが最も効果がでるのです。

 

関連ページ

保湿
スキンケアの基本である「保湿」はほうれい線対策にも重要です。しかし、水分を与えるだけでほうれい線が解消するわけではありません。与えるのは「水分」ではなく「水分を蓄えるための成分」でなくてはいけません。ほうれい線ケアのための保湿とは。
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は肌内部で水分を蓄えてお肌の弾力をうみだし、乾燥や肌荒れからお肌を守る大切な成分です。年齢とともにヒアルロン酸が減少することでお肌は弾力を失い、頬を支えることが出来なくなることでほうれい線が目立ってきます。ほうれい線対策のためのヒアルロン酸補給とは。
コラーゲン
真皮に存在してハリや弾力をつくり水分を蓄える働きのあるコラーゲン。年齢とともに減少してしまうと、たるみやシワの原因となります。食べるコラーゲンや塗るコラーゲンは本当に効果があるのでしょうか。減ってしまったコラーゲンを補給する方法とは。
繊維芽細胞
お肌の弾力の元となるコラーゲン。そのコラーゲンを作り出しているのが繊維芽細胞です。ほうれい線を消すためには、水分を与えたりコラーゲンを補うより繊維芽細胞の働きを促す方が効率的です。コラーゲンを生み出す繊維芽細胞を増やす方法とは。