ほうれい線のための化粧品

ほうれい線のための化粧品記事一覧

スキンケアの基本「保湿」肌内部の水分が低下するとハリが低下し透明感がなくなり、肌本来のバリア機能も低下するため肌荒れを起こしたり、紫外線などの影響を受けやすくなり肌老化が進行してしまいます。お肌にたっぷりの水分を与えるだけで安心していませんか?外から水分を与えるのではなく、体の内側から水分が自然に湧き出るように肌内部で保持できるようにするのが本当の「保湿」です。化粧水を何度もバシャバシャとつけても...

ヒアルロン酸は真皮の中にあるゼリー状の物質。雨目状に張ってお肌を支えるヒアルロン酸やエラスチンの間を埋めつくして、お肌に弾力をもたらせます。ヒアルロン酸1グラムで6リットルもの水分を蓄えることができ、お肌をうるおいで満たして乾燥や肌荒れから皮膚を守る大切な存在です。しかし、20歳をピークにヒアルロン酸は減少し、60歳には20歳の半分になってしまいます。ヒアルロン酸が減少すると、お肌に弾力がなくなり...

真皮で網を張ってベッドのスプリングのように肌の弾力を支えるコラーゲン。しかし、加齢や紫外線の影響でコラーゲンは減少してしまったり、質が悪くなってしまってお肌を支えるチカラが低下してしまいます。お肌のハリを保ち、ほうれい線に負けない素肌のためには、コラーゲンを増やしてお肌の弾力を保持することが大切です。

角質層の細胞のすき間で水分を抱え込んで外へ出さないようにするセラミド。お肌のうるおいのベースとなって外的刺激からお肌を守っています。正常なお肌では角質層が規則的に並んでセラミドは外に出ていきませんが、乾燥によって角質層が乱れると、セラミドが外へ流れ出てしまい、肌本来のバリア機能が低下し、お肌の保湿力も低下してしまいます。バリア機能が低下すると、外からの刺激に過敏になりますますお肌が傷つく悪循環。油...

ほうれい線のケアは「保湿」だけだと思っていませんか?お肌の乾燥が進行するとほうれい線ができやすくなるのは間違いありませんが、ほうれい線ケアには保湿よりもっと重要なことがあります。それは「コラーゲン繊維を増やす」こと。お肌はコラーゲン繊維がベッドのスプリングのように支えています。しかし、年齢が進むとこのスプリングが痛んできたり切れたりしてお肌を支えるチカラが低下していきます。20歳を過ぎる頃から、新...